東南アジア

ぼくが東南アジアに移住した理由 & 移住までにした事

イチ

こんにちは、イチです。

海外フリーランスとして、バンコクに住んでいます。

TikTokだけでは、ぼくの考えや価値観を伝えることが難しいと感じたので、記事にしました。

この記事は、下記の方向けです。

  • 日本で働くZ世代(ぼくと同年代の人たち)
  • 海外に住んでみたい人& 海外ノマドに興味がある人
  • これから社会に出ていく学生さん
  • 今の働き方やライフスタイルに違和感を感じる人
  • お金&時間の自由を手に入れて、自分軸で生活したい人

記事を読むことで『今の働き方やライフスタイル、固定概念』を見直すキッカケになるはず。

ぼくは、現代には『現代なりの生き方』や『働き方』があると考えています。

その選択肢を増やして【多くの人がもっと自由に、自分なりの生き方を実現】するためのサポートをできればと思っています。

僕は個人で稼ぎつつ、海外に出たことで人生が変わりました。そういった人を増やしたい。

5分程度で読めますので、サクッとどうぞ😌

ぼくが東南アジアに移住した理由

理由は、下記です。

  • 日本が生きづらかった
  • 発展の勢いがある国に住みたかった
  • 東南アジアで出会う日本人が、みんな刺激的だった
  • リモート時代に「あえて日本にいる理由」もないと感じた
  • 日本人が「海外に出稼ぎに行くトレンド」が起こると感じた

理由①:日本が生きづらかった

日本で生活していると、どこか生きづらさを感じました。日本全体が暗いという印象です。

  • 毎朝の満員電車
  • 遅くまでの残業
  • 上司や同僚へのグチ

こういった暗い雰囲気が多いなと感じました。

ぼくは東京で会社員を2年していましたが、会社員としても向いていませんでした。

会社員が不向き
  • コミュニケーションが苦手
  • 人間関係をつくるのも苦手
  • 頭の回転が遅く、仕事も遅い
  • 会社員として働くモチベーションもなし

そもそも、ぼくは「社会不適合者」です。日本の社会には合っていないと感じました。

しかし、東南アジアにいくと、みんなゆっくり仕事をしており、ゆる〜い雰囲気です。

ぼくはそれが心地よく、肩の力が抜けます。住みやすいと感じました😌

理由②:発展の勢いがある国に住みたかった

言わずもがな、日本は「衰退国家」です。

日本の現状
  • 少子高齢化
  • 増える税金
  • 増えないお給料

GDPもドイツに抜かされ、世界4位に落ちました。

仕方ないことですが、ぼくはもっと「勢いのある国で生活したい」と思いました。

海外を見渡すと、経済がものすごい勢いで発展している国がたくさんあります。

お給料も物価も、年々上がっており、若者で溢れている国がたくさんあります。

そういった国に住み、自分の肌で成長を感じて「刺激」を得たいと思いました。

実際に住んでみて分かりましたが、やはりエネルギーに満ち溢れていました。

理由③:東南アジアで出会う日本人が、みんな刺激的だった

東南アジアに住んでから、付き合う人が変わりました。

  • フリーランス
  • FIRE(経済的自由)した人
  • 投資家

など、変わった人が多いです。

みんな自由でイキイキしていて、自分軸を持っています。挑戦心も強いです。

日本では出会えなかった人とも、出会えます。大きな財産です。

付き合う人や、環境」が変わる事で「自分の人生」も変わります。これは実体験として経験済み。

  • 周りがネガティブだと、自分もネガティブになります
  • 周りがポジティブだと、自分もポジティブになります

つまり「環境が全て」です。シンプルです。ぼくは環境を変えたことで、人生も変わりました。行動したメリットは大きかったです。

理由④:リモート時代に「あえて日本にいる理由」もないと感じた

リモートワークが普及しつつあります。

ぼく自身リモートワークなので、あえて日本にいる必要もないと感じました。

なので、好きな街に住めばOK。東京でもいいし、地方でもいいし、海外でもOK。

自由に生きましょう。「古い固定概念」は、サクッと捨てましょう。

ぼくはバンコクを選びました🇹🇭

理由⑤:日本人が「海外に行くトレンド」が起こると感じた

これからは「日本人が海外に出稼ぎにいく時代」です。

  • 日本人のお給料停滞
  • 円安の加速

日本のコンビニに行くと「海外の若者」が働いていたりします。賃金が高い国(日本)に、出稼ぎにいっている若者たちです。

ですが、次は日本人が海外にいく時代だと思います。

実際に、オーストラリアに出稼ぎに行っている若者も多いです。知り合いは、ドバイに行きました。収入が2倍以上になったらしいです。

円安が進んでおり、日本が安くなっています。この流れは、長期的なトレンドだと思います。

ぼくはそのトレンドが見えたので、今から海外経験を積もうと思いました😌

東南アジア移住までにした事

東南アジア移住までにした事を、5つ解説します。

  • 副業で月5万円をつくった
  • お金の勉強をした
  • 固定費を下げた
  • 東南アジアでの人脈を作った
  • 実際に1ヶ月ほど、旅をした

移住までにしたこと①:副業で月5万円をつくった

まずは、副業で月5万円を作りました。

月5万円では生活できないですが、月5万円作れる人は、10万円、20万円も稼げます。

ゼロイチは大変ですが、軌道に乗ると、サクッと達成できたりします。

飛行機と同じです。離陸が最も大変。一度飛ぶと、あとはスムーズに収入をつくれます。

なので、まずは月5万円をつくりました。

移住までにしたこと②:お金の勉強をした

お金の勉強をしたことで、お金の不安がなくなりました。

  • 複利の法則
  • 株式の仕組み
  • ビットコイン
  • r > g の法則
  • つみたてNISA

勉強とはいっても、これくらいです。

基礎的なところしか、分からないです。

しかし「マネーリテラシー」がほとんどないのが、日本人です。基本をおさえつつ、あとは実践。これで十分です。

そして、次に進みます。

移住までにしたこと③:固定費を下げた

固定費を下げました。

お金の勉強をするうちに「固定費の削減」の大切さを学びました。

お金の勉強は、ほぼこれに尽きるかもです。

  • 無駄なサブスクをやめる
  • 格安SIMにかえる
  • コンビニで買い物しない
  • 外食を控える
  • 服はユニクロ
  • お金のかからない趣味を見つける

東南アジア生活にも、活きています。

ぼくは持ち物が少なく、キャリーケース1つで移住完了しました。

変化が激しい時代です。「柔軟に対応できる生き方」が大切だと考えています。

なので、固定費を下げつつ、持ち物を減らしつつ、ミニマリスト的に生きるほうが賢いと思いました。持ち物が少ないと「幸福感」も感じます。メリットしかないです。

移住までにしたこと④:東南アジアでの人脈を作った

SNSを通して、知り合いを増やしました。

バンコクにも知人がおり、その方のおかげで移住ができました。感謝です。

今はフリーランスですが、人脈が大切だと学びました。人脈があると「人生が安定化」します。

積極的に人と出会い、人脈を作ることが大切でした。

移住までにしたこと⑤:実際に1ヶ月ほど、旅をした

東南アジアといっても、たくさんあります。

ぼくはベトナムとタイの各都市を周り、住みやすい国、ワクワクする街を探しました。

生活のしやすさなども重要。ぼくはバンコクでした。「日本人がもっともハードル低く移住できる街」がバンコクはだと思います😌

本当に大切なのは「個人で自由に生きる力」だと思う話

ここまで、色々と書いてきました。しかし、僕が本質的に伝えたいことは、下記です。

「個人で自由に生きるための力」が大切。

これに尽きます。

別に東南アジアに住む必要もありません。会社員を辞める必要もありません。

しかし「いつでも東南アジアに住めるくらいの、お金と時間」をつくっておくことが大切だと思います。

「人生を自由にコントロールできる選択肢」を持っておく事が、何よりも大切だと思うんです。

もちろん、すぐにその生活は達成できません。ぼくも3年かかりました。そして今でも、この生活ができなくなる不安やリスクもあります。満足もできていません。

しかし3年前よりも

  • 個人で稼ぐスキルや知識
  • お金を増やす(減らさないため)の知識
  • フリーランス仲間の人脈
  • 適切なタイミングでリスクを取る力

などが、格段に上がりました。

まだまだ未熟で、完成する事もないです。

しかし、それでも3年前と比べると「個人で生きる力」がしっかり身につきました。

自分のスキルを磨いて、知識を吸収して、人と会って、少しずつ「人生を自由にコントロール」できるようになる。

これが何よりも「今後の激動の時代」において、大切な事だと確信しています。

まだまだ未熟ですが「ぼくの経験や生き方・考え方」を通して、少しでも誰かの役に立ったらと思い、SNSで発信をしています。

ありがたい事に少しずつフォロワーさんから「嬉しい声」も頂くようになりました。

そして、下記に続きます。

これから挑戦したいこと

挑戦したいことがあります。

  • 個人で自由に生きるためのコミュニティ
  • 東南アジアでのオフ会を開催

僕は個人で稼ぎつつ、海外に出たことで人生が変わりました。そういった人を増やしたいです。そのための活動です。

Z性代向け:個人で自由に生きるためのコミュニティ運営

おそらく、日本のZ世代以降の若者は、これから生きづらくなると思います。

シンプルにお給料が上がりにくく、税金が増えてしまう構造なので。

そのために、東南アジアでフリーランスをしている僕が中心となって『日本のZ世代向けのライフハックコミュニティ』を運営したいと思っています。

コンセプトは下記です。

  • いつでも東南アジアに移住できるような「お金と時間の自由」を手に入れる
  • 副業に関する情報
  • フリーランス情報
  • 投資関係の情報
  • 東南アジア関連の情報

など「個人の自由を手に入れる情報共有コミュニティ」です。

東南アジアでのオフ会を開催

また、東南アジアでオフ会も開催したいと思っています。

実際に東南アジア生活をしている人と話すことで、考え方や価値観も変わるはず。

  • バンコクフリーランスの1日体験
  • バンコクのルーフトップバー飲み会
  • バンコクのローカル居酒屋飲み会

とかも良さそうです。

ぼく自身、色々なオフ会に参加して「人生が変わった原体験」があります。

つぎは、ぼくがそういった環境を提供したい。

  • コミュニティ運営
  • 東南アジアオフ会

など、少しでも誰かのためになればいいなと思い、コツコツ準備していきます。

さいごに

まだ実現は先になるかもですが、コミュニティに興味があるよ!という方は、ぜひTikTokにてDMください!

TikTokやコミュニティ運営のモチベになるので、お気軽にDMください(笑)

最後まで、お読みいただきありがとうございました。ぼく自身も、まだまだ人生に納得いってないので、一緒にコツコツ前進していきましょう!!

個人で月10万円を稼ぎ、自由に生きるための「無料メルマガ」

「ブログ・Webマーケ・最新テック情報・思考のウラ側」を配信します。完全無料です。気になる方はポチッとどうぞ!

いちでも購読解除できます
記事URLをコピーしました