【完全初心者OK】Web3.0の始め方を5つ紹介【新時代の波乗り】

イチ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
お悩みくん
お悩みくん

・Web3.0が気になる!

・時代の波に乗り遅れないためにも、今からWeb3.0に触れておきたい!

・Web3.0の、具体的な始め方を教えてほしい!

そんなお悩みにお答えします。

本記事の内容
  • Web3.0の始め方【具体例5つ】
  • Web3.0に波乗りすべき理由
  • Web3.0を始める際の注意点
  • Web3.0に関するよくある質問

こんにちは、です。

この記事を書いているぼくは、Web3.0のサービスを使いながら、Web3.0関連の投資を行い、約100万円ほどの収益を得ました。

「Web3.0の時代が来る」とあらゆるメディアでも話題となり、最近「Web3.0」というワードをよく耳にするようになりましたよね。

WEB3.0とは「ブロックチェーン技術を活用した、分散型インターネットの世界」のことを指します。

きたるWeb3.0の社会に少しでも早く対応できるよう、ぜひ今からの行動をオススメします。

そこで本記事の前半では「Web3.0の始め方」を5つのステップで解説し、記事後半では「Web3.0に波乗りすべき理由」について解説します。

この記事を読めば、Web3.0の始め方を理解でき、今日からWeb3.0の市場にコミットできるはずです。

Web3.0は今後10年間でおこる「時代のビッグウェーブ」です。今からコミットしておくと、将来的な資産にもつながります。

Web3.0が少しでも気になる方は、ぜひ最後までご覧ください!

イチ
イチ

3分ほどで読めますので、サクッとどうぞ。

WEB3.0の始め方5つ【ステップ別に紹介】

Web3.0の始め方を、難易度別に5つのステップで紹介します。

Web3.0の始め方
  • 始め方①:仮想通貨(ビットコイン)に投資する
  • 始め方②:Web3.0ブログ(SNS)で発信する
  • 始め方③:Web3.0関連のトークンに投資する
  • 始め方④:Web3.0ゲームをプレイして稼ぐ
  • 始め方⑤:Web3.0サービスやNFTプロジェクトをつくる

筆者の感覚で、難易度別に並べましたが、自分の始めやすいモノから始めてOK。

あくまで参考程度にどうぞ。

WEB3.0の始め方①:仮想通貨(ビットコイン)に投資する

WEB3.0に触れてみるなら、まずは仮想通貨を買うところから始めましょう。

なぜなら、WEB3.0で使われる通貨はすべて「仮想通貨」だからですね。

WEB3.0を始める「必須科目」といったイメージ。

仮想通貨を購入するなら、コインチェックがオススメですね。

理由はこちら。

コインチェックをおすすめする理由
  • サイトもシンプルで、初心者でも使いやすい
  • 東証プライム上場企業のもと、セキュリティ体制が徹底されている
  • 取り扱い通貨が国内最多級で豊富
  • 仮想通貨の資産運用サービスがある
  • 少額つみたて投資ができ、資産形成に向いている

初心者の方は、コインチェックで仮想通貨を購入するのがベストかなと。通貨は「ビットコイン」でOK。

ビットコインは、世界的に認められている通貨でして、価格変動も少ないです。なおかつ、リターンも期待できます。

仮想通貨のつみたてサービスもあり、少額からでも始められます。

Web3.0に仮想通貨は必須なので、サクッと購入してみましょう。

手順は、こちら。

金銭的なリターンも、見込めるはずですよ!

【無料】コインチェックで口座開設する

Web3.0の始め方②:Web3.0ブログ(SNS)で発信する

仮想通貨を購入した後は、WEB3.0関連の発信をするのがオススメ。

なぜなら、発信する事で「知識のアウトプット」になり、自身の学びにつながるからです。

下記でもツイートしました。

ぶっちゃけた話、ほとんどのブロガーやSNS発信者は、知識ゼロの状態で発信しています。

むしろ「知識を得るために、発信している」というイメージ。

仮想通貨ブログで発信しつつ、自分が一番学べています(笑)

なので、仮想通貨やWEB3.0初心者でも、問題はナシ。

ブログの場合、発信しながら、お金を稼ぐことが出来るので「一石二鳥」ともいえますね。

仮想通貨ブログは、時代の波も来ているので、圧倒的に稼ぎやすいです。

Web3.0の始め方③:Web3.0関連のトークンに投資する

Web3.0に慣れてきたら「WEB3.0関連のトークンに投資」するのも、オススメ。

理由としては、WEB3.0サービスの知識につながるからです。

ビットコインやイーサリアムといった、WEB3.0代名詞の通貨に投資するのもアリですが、今はWEB3.0プロジェクトやサービスが、たくさん立ち上がっている時代。

もちろんリスクもありますが、リターンもあります。何より「世界最先端の知識」が身につくんですね。

仮想通貨は株式と違い「ワンコイン」からでも購入できるので、気軽に投資してみるのがオススメ。

もし、本格的にWeb3.0関連トークンに投資をしたい方は、猫山さんの「超現実的に仮想通貨投資で100倍を狙う完全手順」という教材がおすすめです。

教材の内容
  • 知識ゼロから始める草アルト投資の基礎
  • 本当に美味しい狙い目マーケット
  • 100倍以上を狙える超優良銘柄の具体的な探し方
  • 小さな利益を重ねて資産を作るベアマーケット戦略
  • 暴落を回避するための全逃げメソッド
  • トータル利益を倍増させるガチ思考

上記の内容が学べます。

内容は中級者向けですが、少額投資で大きなリターンを狙っていきたい方は、勉強しておいて損はないのかなと。

僕自身、教材で学びつつ、あらゆるトークンに分散投資しています。仮想通貨には大きく価格があがる相場があるので、サクッと教材費用は回収できるはず。

気になる方は「無料部分」だけでも、ぜひチェックしてみてください😌

>>「超現実的に仮想通貨投資で100倍を狙う完全手順」をみてみる

Web3.0の始め方④:Web3.0ゲームをプレイして稼ぐ

難易度が少し上がりますが、Web3.0ゲームをプレイすることで、WEB3.0業界に大きくコミットできます。

Web3.0ゲームは「NFTゲーム」とも呼ばれますね。

Web3.0ゲームの大きな特徴として「Play to Earn(遊びながら、稼ぐ)」が挙げられます。

ゲーム内のNFT(キャラクターやアイテム)を初期費用として購入し、プレイすることで、ゲーム内通貨を稼ぐことができます。

Web3.0ゲームを始めるには、少し手順を踏む必要があり、初期費用もかかるケースが多いです。

ですが、体験を通してWEB3.0の理解にもつながりますし、月30万円稼ぐことも可能。

イチ
イチ

実際にぼく自身は、Web3.0ゲームで、月30万円ほど稼いでいました。

ハードルは少し上がりますが、Web3.0ゲームは今後、広く普及していくはずです。

なので、今のうちから触っておくのも、悪くないのかなと!経験としても、貴重です。

Web3.0の始め方⑤:「Web3.0サービス」や「NFTプロジェクト」をつくる

こちらの難易度は、かなり高めです。

実際にここまでコミットできる人は、かなり少ないと思います。なので、聞き流しでOKです🙆

とはいえ、本気でWeb3.0コミットする人は、大きく行動していますね。

ここまで行動すべきとは言えないですが、WEB3.0に可能性を感じるなら、可能な範囲でアクセルは踏むべき。

WEB3.0でしっかりチャンスを掴みたい方は、コツコツ行動していくことをオススメします。

若者こそ「Web3.0」の波に乗るべき理由

20代といった若者こそ、WEB3.0の波に乗るべきだと思います。

Web3.0は、インターネットを超える「ビッグウェーブ」

インターネットが誕生したことで、スマートフォンやSNSが生まれ、生活様式も働き方もメディアも、大きく変わりましたよね。

ですが、WEB3.0は「インターネット以上の大きな革命」と言われています。

有名な起業家や投資家の方々が口を揃えて「WEB3.0のインパクトは、インターネット以上」と仰っているんですね。

実際に、世界的なWEB3.0企業は、GAFAの創業時とは比べものにならないスピードで、成長しています。

数年後には、「GAFA」に取って代わり、WEB3.0企業が世界を席巻している可能性が高いです。

日本の未来に期待できないなら、Web3.0にコミットすべき

日本の未来に期待できないなら、WEB3.0にコミットする事をオススメします。

なぜならWEB3.0は「世界と直接つながっている、グローバルな市場」だからです。

日本は少子高齢化・最近の円安問題もあり、成長産業も少ないです。

日本の若者は、割と絶望的だと思います。

ですが、Web3.0の市場は、DAY1からグローバル。つまり、誰でも国境を越えたビジネスや投資を行えるわけですね。

WEB3.0は、日本の鎖国から開放できる唯一の手段だと思います。

新しいテクノロジーを使って、グローバルに挑戦できます。

この成長市場にフルコミットする事で、大きな果実を得れるのかなと。

ビジネスや投資は「時代の波乗り」が8割です。

今後、日本の若者が大きなチャンスを掴むなら、WEB3.0やブロックチェーンといった、巨大な成長市場にコミットするしかないと思います。

日本政府も、Web3.0のチャンスを逃すと「日本の未来がない」という事実を受けて税制改正などの方向にいています。

20代がビットコインに投資ずべき理由も同じくです。下記記事でくわしく解説しました。

あわせて読みたい
【保存版】20代こそ『ビットコイン』に投資するべき5つの理由【もはや必須】
【保存版】20代こそ『ビットコイン』に投資するべき5つの理由【もはや必須】

Web3.0を始める時の注意点

注意点は下記です。

  • 少しずつコミットしていく
  • 資金の移動時に注意

注意点はこれくらいです。

基本的には、大金を突っ込んだり、頻繁にお金を移動させなければOK。

なので、WEB3.0にコミットするリスクは低いと思います。

コツコツ業界知識を身に付けていきましょう。

変化が速い業界なので、手を動かしながら学ぶのがベスト。

「体験」が何より大切です。

イチ
イチ

体験しながら、知識をつけていきましょう

Webの始め方に関するよくある質問

Q1 :Web3.0サービスを利用する際のセキュリティ上の注意点は何ですか?

  1. プライベートキーの保護:ウォレットやアカウントへのアクセス権を持つプライベートキーは、絶対に第三者に知られてはなりません。安全な場所に保管しておきましょう。
  2. フィッシング詐欺に注意:偽のウェブサイトやメールによる詐欺が増加しています。URLや送信元を常に確認し、不審なリンクをクリックしないように注意が必要です。
  3. ソフトウェアの更新:使用しているブラウザやソフトウェアは、常に最新の状態に保つことで、セキュリティの脆弱性を防ぐことができます。

Q2:ビットコインに投資することと、Web3.0関連トークンに投資することの違いは何ですか?

ビットコインは、最初の仮想通貨として知られ、デジタルゴールドとも呼ばれることがあります。一方、Web3.0関連のトークンは、特定のプロジェクトやサービスに関連するトークンであり、そのプロジェクトの成功や採用度によって価値が変動します。

Q3:Web3.0を始めるのにかかる費用はいくらですか?

Web3.0を始めるのにかかる費用は、プロジェクトやサービスによって異なります。仮想通貨やNFTを購入する場合は、初期費用が必要です。

まとめ:Web3.0の世界に飛び込もう。10年に一度の大きすぎるチャンスです

本記事の要点をまとめます。

まとめ
  • 始め方①:仮想通貨(ビットコイン)に投資する
  • 始め方②:Web3.0ブログ(SNS)で発信する
  • 始め方③:Web3.0関連のトークンに投資する
  • 始め方④:Web3.0ゲームをプレイして稼ぐ
  • 始め方⑤:Web3.0サービスやNFTプロジェクトをつくる

Web3.0は、世界的なトレンドなので、見過ごすことは出来ないのかなと。

できる範囲内で「WEB3.0に触れる時間」を増やすのが、吉だと思います。

Web3.0時代では「仮想通貨の保有」は必須ですので、まずはサクッと無料登録だけでも済ませておきましょうね。

【無料】コインチェックで口座開設する

今回は以上になります。この記事がすこしでも参考になれば幸いです。

月10万円のストック収入をつくるスモールビジネス構築講座

ぼく自身が「約3年間の学習と実践」をかけて学んだ知識を、この教材にすべて詰め込みました。ぼくがゼロから個人ビジネスを始めた時に、欲しかった情報・スキルが全て学べます。

無期限の全額返金保証
ABOUT ME
イチ
イチ
バンコク在住フリーランス
【会社と国に縛られず、個人で自由に生きる】バンコク在住フリーランス(25)| 副業ブログ→Webマーケ会社2年→ブログで独立→海外移住→現在は海外Crypto市場で『外貨獲得中』| 外貨獲得サロン発の「ノマドスクール」を運営しています
記事URLをコピーしました