最新テクノロジー
PR

【仮想通貨】Astarとは?特徴や将来性を解説【Web3.0期待の星】

イチ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
お悩みくん
お悩みくん

ASTRが最近話題だけど、何がすごいのか分からない!

ASTRの特徴や将来性について教えてほしい!

そんなお悩みにお答えします。

本記事の内容
  • ASTR(Astar network)とは?
  • ASTRの特徴と将来性について
  • 仮想通貨ASTRの購入方法

この記事を書いているぼくは、仮想通貨に200万円ほど投資しており、ASTRも数十万円ほど保有しています。ASTRを使った資産運用もしているので、信頼性にもつながるはず。

ASTRが最近、日本で大きな話題を読んでいますよね。とはいえ、ASTRの特徴など分からない方も、まだまだ多いはず。

そこで本記事では「ASTRの特徴や将来性」「ASTRの購入方法」について解説します。

この記事を読めば、ASTRの基礎理解が完璧になるはず。将来的な資産のメリットにも、繋がると思います。

イチ
イチ

ASTRが少しでも気になっている方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

【仮想通貨】ASTR(Astar network)とは?

ASTR(Astar network)とは、Web3世界の実現を目指すプロジェクトです。

「Web3.0の実現」を目指すプロジェクト

Web3.0とは「ブロックチェーンを使った次世代のインターネット社会」です。

現在の「中央集権的なネットワーク社会」を、ブロックチェーンを使って、分散管理していこう。といった新しい仕組みですね。

Astar networkは、Web3.0の実現を目指す「日本初」の国際的なプロジェクト。

日本のWeb3.0業界を引っ張ていくプロジェクトとして、日本政府からも大きな期待を集めています。

そんなAstar networkが発行する仮想通貨「ASTR」に注目が集まっている理由を、順に解説していきます。

少し難しい用語もあるかもですが、ザックリの認識でOKです!

Astar networkの特徴3つ

Astar networkの特徴はこちら。

特徴3つ
  • ポルカドットに接続された、ブロックチェーン
  • 「dApps Staking」を採用している
  • 「DAO(分散型自立組織)」を目指している

①:ポルカドットに接続された、ブロックチェーン

Astar networkは「ポルカドットに接続された、ブロックチェーン」という特徴を持っています。

ポルカドットは「ブロックチェーンの相互運用性を強化するプロジェクト」です。

現在のブロックチェーンは、チェーンごとが綺麗につながっておらず「資金の流出」というリスクがあり「ブリッジ」というリスクのある仕組みを使いながら、接続しています。

ポルカドットには「リレーチェーン」と「パラチェーン」という仕組みがあり、メインのリレーチェーンに繋がるのは「ポルカドットよって選ばれた優秀なパラチェーンのみ」

そしてAstar networkは、コミュニティからの投票を得て「パラチェーン」として接続することを許された、数少ないブロックチェーンなんですね。

Astar networkは現在「ポルカドット上で、最大のリレーチェーン」となっています。ポルカドットという巨人の上に乗っている為、ポルカドットの成長とともに、大きくなっていくのかなと。

Astar networkの成長に、期待です。

②:「dApps Staking」を採用している

Astar networkは、「dApp Staking」という仕組みを採用しています。

dApp Stakingを簡単に説明すると「アプリ開発者に、継続的な報酬を与える仕組み」です。

アプリを開発することで、開発者に報酬が入る画期的な仕組みです。

従来のアプリ開発では、、アプリ開発者のマネタイズが難しい環境であったため、世の中で必要とされるアプリが生まれづらい状況にありました。

実際にイーサリアムでは、このような仕組みがないため、開発者が自らマネタイズしている状況です。

しかしdApp Stakingは「開発者ファーストの仕組み」であるため、アプリ開発者が集まりやすい訳ですね。

イチ
イチ

「dApp Staking」の仕組みは、Astar networkの大きな特徴と言えます。

③:「DAO(分散型自立組織)」を目指している

Astar networkは、将来的に「DAO化」を目指しています。

DAOとは「自立分散型組織」の略でして「中央に管理者がいなくても、自動でサービスやシステムが回っていく組織」のこと。

Astar networkは現在「Stake Technologies (ステーク・テクノロジー)」という会社によって運営されていますが、将来的にDAO化し、Astar networkというサービスだけが回り続けるという訳ですね。

Googleがつぶれると「YouTube」は使えなくなり、Facebookがつぶれると「インスタグラム」は使えなくなりますよね。

これが、Web2.0(従来のインターネット)の大きな問題点です。

ですが、Web3.0の世界では「会社が潰れても、サービスだけが自動で周り続けること」ができるんですね。そのほうが健全で、より社会を豊かにしていくよね!とい考え方です。

ここがWeb3.0の凄さであり「開発段階からDAO化をゴール」としていた、Astar networkの凄さでもあります。

DAO化を実現できるWEB3.0企業は少ないので「DAO化」は、Astar networkの大きな武器になると思われます。

仮想通貨「ASTR」の将来性3つ

仮想通貨「ASTR」の将来性は、かなり見込めるのかなと。理由はこちらです。

ASTRの将来性に期待できる理由
  • 投資家が世界的オールスター級
  • Astar networkの実用性が認められている
  • 創業者(渡辺  創太さん)の熱意と政府の後押し

理由①:投資家が「世界的オールスター級」

ASTRの投資家を見れば、その凄さがわかると思います。

世界でも有名な投資家・VCが、勢揃いなんですね。

  • Binance
  • coin base
  • ポリチェーン
  • アラメダリサーチ
  • crypto.com
  • OKEx
  • Coincheck Labs
  • ギャビンウッド

さらにAstar Networkは、マイクロソフトとの提携も発表しました。

大きなASTRの流れが来そうですよね。

Astar Networkは、世界的な投資家・VCから支援を受けており、これはかなりの安心材料になるはず。仮想通貨「ASTR」にも、期待できるはずです。

理由②:Astar networkの実用性が認められている

「ASTR」を発行するAstar Networkは、すでに実用性が高く評価されています。

繰り返しになりますが、Astar networkは、「現在キレイに接続されていないブロックチェーン同士を、キレイに接続させるプロジェクト」

そのため、資産の移動のたびに「手数料がかかったり、通貨をハッキングされる可能性」もある訳です。

Astarnetworkは、この問題を解決させる事ができ、世界的な需要もあり、実用性も高く評価されています。

理由③:創業者(渡辺  創太さん)の熱意と政府の後押し

Astar Networkの創業者である「渡辺創太さん」の熱い想いから、ASTRに投資している人は多いはず。

渡辺創太さんの想いについて、詳しくはここで触れませんが、投資をする際には「創業者」に投資をする事が大切です。

そして、ASTRには「日本人としての応援」という意味も込めて、投資をしている人が多い印象。

ぼくも同じく「日本人として、Web3.0時代に日本から世界に誇るプロジェクトが生まれてほしい!大きなインパクトをつくってほしい!」という思いで、ASTRに投資しています。

なぜならAstar Networkは「日本初のパブリック・ブロックチェーンであり、かつ世界最前線を走っているプロジェクト」だからですね。

Web2.0(現在のIT産業)で世界的な遅れをとった日本人としては、応援せざるを得ないプロジェクトだと思っています😌

また渡辺さんは「日本の仮想通貨税制」を変えるべく、自民党の河野さん・平さんとも対談されています。

下記ツイート・記事も参考にどうぞ。

渡辺さんの「日本国に対する危機感・ブロックチェーンを使った世界的な格差縮小」への思いが伝わるはずです。

>>独占から分散へ。「WEB3」の実現を目指す26歳 渡辺創太の原動力

Astar Network「かつてのナンバーワンだった日本を、Web3で取り戻そう」〜日経新聞の広告掲載〜

Astar Networkが、2022年9月26日の日経新聞に広告を掲載しました。この広告には、国内のweb3スタートアップや大手企業329社のロゴが掲載されています。

329社のロゴに合わせて「Japan as No.1 AGAIN」という、「かつてのナンバーワンだった日本を、Web3で取り戻そう」というメッセージが添えられています。

今日、私たちは全国紙に 1 回の広告に最も多くの企業を掲載する広告を掲載するという世界記録を樹立しました。合計 329 社の著名な日本の企業が結集して、日経新聞に掲載されたこの広告 (下) を作成し、日本経済における Web3 の導入と、Astar Network が先導することへの支持を示しました。日本ブロックチェーン協会によると、すでに日本をリードするレイヤー 1 チェーンである当社のネットワークは、Web3 の未来を創造するには企業、法律、コミュニティとの協力が必要であることを学びました。

https://medium.com/astar-network/top-japanese-companies-join-astar-to-celebrate-web3-36766593d661

仮想通貨「ASTR」の購入方法【カンタン】

仮想通貨「ASTR」の購入方法を解説します。

ASTRはbitbank(ビットバンク)で取り扱われています。ASTRを購入したい方は、ビットバンクから購入しましょう。

手順はこちらです。

上記の手順で完了です。

ASTRが気になる方は、サクッと1000円ほど買ってみるのがベストかなと!

また現在ビットバンクで『1万円の入金で「1000円」が貰えるキャンペーン』が開催中しています。

無料で1000円貰えるので、この機会にぜひ貰っておきましょう。

もらった1000円で「ASTR」を買ってみるのもオススメですね!

まとめ:Astar networkは「Web3.0期待の星」

ASTRの概要をまとめます。

ASTRの特徴
  • ポルカドットに接続された、ブロックチェーン
  • 「dApps Staking」を採用している
  • 「DAO(分散型自立組織)」を目指している
ASTRの将来性
  • 投資家が世界的オールスター級
  • Astar networkの実用性が認められている
  • 創業者(渡辺  創太さん)の熱意

ASTRに投資することで、今後のWEB3.0社会の対応も、容易になるのかなと。

「WEB3.0の勉強代」というイメージで購入するのも、悪くないと思います。

コスパの良すぎる投資ですね。手を動かしながら、学んでいきましょう😌

今回は以上になります。

この記事が少しでも参考になれば幸いです😌

月10万円のストック収入をつくるスモールビジネス構築講座

ぼく自身が「約3年間の学習と実践」をかけて学んだ知識を、この教材にすべて詰め込みました。ぼくがゼロから個人ビジネスを始めた時に、欲しかった情報・スキルが全て学べます。

無期限の全額返金保証
ABOUT ME
イチ
イチ
バンコク在住フリーランス
【会社と国に縛られず、個人で自由に生きる】バンコク在住フリーランス(25)| 副業ブログ→Webマーケ会社2年→ブログで独立→海外移住→現在は海外Crypto市場で『外貨獲得中』| 外貨獲得サロン発の「ノマドスクール」を運営しています
記事URLをコピーしました